安定した収入を得たいのならコレ!収益物件の事を簡単に説明しています。

〜収益物件を考える〜

収益物件

 アナタもコノ「収益物件」を持っていれば一生安定した収入が得られますよ!!と言う訳で皆さんの興味が有る「収益物件」について簡単にご説明いたします。コレから不動産会社に向かおうと思っている方もコレを読んだ後に向かう事をオススメいたします。

収益物件とは?

 不動産投資に続き「収益物件」と難しい言葉が出てきましたが、意味に関しては特に難しく考える事は在りません。「収益物件」とは一定の利益がはいる不動産の事です。この利益が入る不動産を簡単に説明するとデパートやアパートと言った物件の事です。そのため簡単に(テナントや入居者がいれば)収益が得られる不動産の事を「収益物件」と言うのです。

「収益物件」の場合不動産投資とは違い建物を立地さえすれば簡単に「収益物件」の保有者になれるのですが、定期的に収入が入る状態にするには建物(不動産)内に定期的にお金を払ってくれる企業又は賃貸者が必要になってくるため「収益物件」を保有していたとしてもまったく意味がありません。そのため一部の不動産会社や投資家などは元々存在している「収益物件」を売買する事で収益を得ようしましたが、バブル崩壊後は逆に定期的に無いって来る収益が目当てで買い直す不動産会社もいるほどでした。近年の「土地活用」の一環で不動産会社が開いている土地にやたらマンション建てたがる理由がコノ「収益物件」が目的で、簡単な管理で定期的に収入が得られる事から現在の「土地活用」の主力として紹介されています。

 ちなみにいま現在の「収益物件」の代名詞といえばマンションやアパート関係が一般的ですが、少し前までは駐車場一般的でした。とは言っても駐車場が「収益物件」として普通時代だった当時はバブル期真っ盛りで都心部で空き地は駐車場になるかマンションを建てるか2択に1択でしたし、その頃の投資は投資と呼べるほど複雑な状態でもなかった為、誰でも簡単に「収益物件」を手に入れられる状態でした。

ちなみに、ちなみに海外で日本、駐車場と言えば有る名前が凄く有名だそうです。しかし意外な事に日本人にその名前を言うと結構知らない方が多くてびっくりするそうです。結構有名な話ですが皆さんはどんな名前か知ってますか?

有料老人ホーム

海外の話が出てきたのでもう一つ、実は日本人でも海外の有料老人ホームに住む事ができます。住む前に色々な手続きは必要ですが基本的には有料なので入る事自体は問題はないと思います。実は外国有料老人ホームは日本と介護の定義は180度違います。
日本が介護の必要な老人を老人ホームに入れるのに対して、海外は老人が自身で生きていけるように訓練をおこなう場所という認識があるからです。海外の老人は意識的に「最後まで自分でやり通す」という意識の元で有料老人ホームに通っていると言うのは驚きですが、何も日本の有料老人ホームのシステムが悪い訳ではありません。単純に考えて今日本が世界で一番の長寿国なのですから、すでに高齢で自力で行動が困難になっているご老人もいるかと存じます。要は有料老人ホームに入る年齢に違いが出ていると言う事です。老人と一纏めに言っても実際には年齢差はありますので陶然の事です。日本の有料老人ホームの傾向としては一般家庭でに非常生活が困難になったら専門家に頼む、つまり「もちは餅屋」と言う事なのです。個人的にはこの風習は非常に理にかなっていると思いますが、皆さんはどう思いますか?

pickup

会社案内の制作

Last update:2017/6/8

Copyright (C)不動産投資情報〜収益物件を考える〜 2009 All rights reserved.